2019年5月19日

PSO2日記 1166 準備はできている


明日は20日。という訳で時限インストールで「レアドロアップ」が付きやすい日である。現状の「超界探索」全域に効果のある「惑星リリーパ」の時限をレアドロアップで作るチャンスだ。コイツはゼロからレシピ出しをするとなると結構な手間ではあるが、総合的な実績に依存する物なので、ひたすら回数をこなせば一括でリア、アーム、レッグが作成可能となる。次の「超界探索」がどのエリアになるかは不明だが、ナベリウス、アムドゥスキア、ウォパルのいずれかであれば、エルゼリオンの際に地域別に時限を作ったなら、その「経験」は次回以降に生かされる事だろう。20日とは言え更新は毎日13時だ。



当面は空いた時間に超界探索をするのであれば、惑星単位の時限は作っておいてもいいだろう。まぁそこまで「厳選」するつもりはないが、20日を逃すと次のレアドロアップが付きやすい日は30日、そしてその次は来月の5日となる。むしろ気にすべきは29日実装の「終の艦隊迎撃戦」用の時限だ。こちらは新たな宙域扱いで、当日より素材、レシピともに実装となるが、翌30日までにレシピ出しを行うのは厳しそうだ。


新規エリア用の時限作成のキーアイテム「メテオライト結晶」はプラズメダル銀2個と交換できる事は、公開済み動画からも確認できる。1開催で銀が何個手に入るのかは蓋が開くまでなんとも言えないが、期間限定のアークスミッションでも入手可能である。この辺りは「人海戦術」が生きる部分だな・・・

金1と銀3が交換できるようで、★15武器の交換レートが金100個交換。各武器には週1個の交換制限もある。仮に1緊急で5~6個とエレボス程度のドロップ数と仮定するなら20開催で1本と言えなくない量だろう。5個の金を銀に換算すれば15個となる。結晶は銀2個と交換できる。トライ100は4個交換で週2個制限となっている。

結晶自体は「売買可能」である点は確認できるが、「週20個まで」の交換数制限もあるアイテムだ。上記の皮算用で週あたり金100程度手に入ると仮定すれば「銀」に換算して300個と言う事にもなり、上限まで交換するのは難しくないとは言え、「使う人間」からしてみれば、20個や30個でどうこうなる問題ではなく、数百、数千の在庫がなければ迂闊に手が出せない物だ。

また結晶自体がクエストでドロップする事も予想され、時限作らない人にとっては基本的には要らないアイテムだ。従来どおり「数の要るアイテム」なら完全に「売り手市場」となり、実装初日をピークに来月5日あたりまでが「高値」で取引されるラインだろう。5日を過ぎれば次は20日を待つことになり、買い手も自堀りで数を確保してしまう。もちろん20日に足りなくなれば、また買う流れもあるだろう。そして好景気もいつまでもは続かない物だ。作り終えれば買い手は抜けていく。売るにしろ買うにしろ、転がすにしろ、初動の激戦を終えれば、タイミングが重要な商品となるだろう。

その一方で新規エリアという補正も手伝い、最初から最大効果のレシピが解放済みという可能性もある。その場合だと、とりあえずメイン効果だけでいいって事なら、案外簡単に準備完了ともなり一気に収束する線もあるだろう。厳選にも数は必要だが、最もキツイのはレシピの開放段階となる「下準備」だ。初動で物自体が貴重な時期におけるハードルの高さが、そのまま結晶価格の「高さ」にも繋がる部分と言える。


SG販売されている「ビースト顔」、スルーしようかとも思っていたが、そう言えば誰かさんのサポパがライアだった事を思い出した。折角なので適応してやろう。1個買うなら、もう1個買えば全員で使えてお得だろう!もう1個買うとオマケで18個付いてくるんだぜ?こんな得な取引ないよな!って要らねえよ!買ったけど!

・Netflix


LUCIFER(ルシファー)2016 アメリカ 3シーズン+α 

そこそこの話題作で名を知る人も多いだろう。内容的には実写版「はたらく魔王さま」では無いが、魔界の王ルシファーが地獄の統治に飽きてしまい「休暇」と称してロサンゼルスでナイトクラブを経営する傍ら、警察の捜査に協力する物語。アメリカでの視聴率、あちらでは基本的にはケーブル放送がメインなので正確な「視聴者数」が計上できるのだが、第1話をピークに数字は右肩下がり、シーズン4までが予定されていたが、シーズン4でやる予定で作っちゃったメインストーリーに絡まない2エピソードは特番として放送し、シーズン3での「打ち切り」となった。

シーズン3のラスト、物凄く重要な所で「切られしまった」訳だが、このタイミングでLUCIFERを話題にする理由として「待望のシーズン4」がリリースされたからだ。「シーズン4」がNetflixオリジナルドラマとして復活、今月8日より配信されている。スカパーなどであれば現在AXNで放送中であるが、シーズン4はNetflix製作ともあり独占放送となっている。「オリジナル作品」に定評のあるNetflixだが、その一方で「打ち切り作品」や、オフィシャルには「終了」したが、まだ行けると踏んだシリーズの権利を購入し、続編を制作するケースもある。日本の作品であれば「深夜食堂」などもNetflixオリジナルドラマとして「シーズン4」に当たる「深夜食堂 TOKYO STORY」が配信されている。


元々は「アメコミ」の実写化で大元は「サンドマン」に登場するサブキャラクターの1人であったが、後にドラマと同じタイトルの「LUCIFER」で主人公デビューとなった。コミック用のイラストとは異なり、黒髪の髭面と、作中でも「金髪のはずだ!」と突っ込まれるエピソードも。内容的にはコメディーに属する作品に仕上がっており、人間界の常識に左右されない破天荒な相棒に振り回される、常識人の刑事とのコンビが見ていて面白い作品だ。目を合わせて問い詰める事で内に秘めた欲望を語らせるという、「尋問」に関してはチート的な能力を持つ。大抵のケースでは「真犯人」以外に使用され、しょうもない欲望を語らせてしまう事が多い。「答えろ、お前の望みは何だ?」「猫の養護施設を作りたい」「はい?」みたいな。

中核として悪魔と人間、神と信仰を描くシリアスな展開も見られるが、そういう部分に敏感な方の多いお国柄もあり、賛否が別れ、それは数字に跳ね返ったとも言えるが、その一方で「残ったファン」には熱狂的な「信者」も多く、再開を望む署名運動も行われた作品だが、日本人的には「そういう部分」も含めてラフに見られるのもまた、宗教観が極めて薄いという日本独自の「お国柄」とも言えるだろう。


主演の二人にとってはある意味で代表作ともなる作品で、双方ともに主演、メインでの活躍は乏しい役者さんである。女性刑事クロエ役を演じた「ローレン・ジャーマン」はドラマ「Hawaii FIVE-O」や「シカゴ・ファイア」などで脇を固めるポジションであったがメインは今回が初となる。ルシファーを演じた「トム・エリス」もドクター・フーや魔術師マーリンなどでチョイ役、「スキャンダルな外科医」では主演となるが10エピソードしかない短編でもあった。「LUCIFER」で脚光を浴びて人気役者の仲間入りを果たした・・・かどうかは今後の活躍次第。とは言え「暇してた」からこそNetflixでの再始動が可能だったとも言えるだろう。


ネタバレは避けるが、シーズン4の第1話、新キャラとして登場した捜査官を演じるのはサッシャ・ロイズ。おまわりさん、その人、悪魔です。正確にはザウバービースト、ベッセン絡みの犯罪なのでグリムを呼んで下さい。「サルベーション」ってドラマでも大統領を演じていたが、グリムの影響が強すぎて初見から悪役にしか思えない。仮に見た事も無い俳優さんでも声が若本規夫だとテロリスト臭くなるし、藤原啓治だとサイコパス臭くなってしまう。そういう先入観は作品毎にリセットしなきゃならないんだが中々難しい。

・おまけ お守り


超長期的に考えれば路上に落ちているキューブの数が15%違うかもしれない。
重要なのは忘れずに作り、忘れずに付ける事だな・・・

9 件のコメント:

  1. レアドロアップは本当にお守りだとは思いますが、地味にソロマウスやリリーパ回ってるとショック対策が欲しくなったりもします・・・自分で治せるクラスなら気にもならないんですが・・・

    返信削除
    返信
    1. マウスは確かに経験あるわ。どのクラスかは忘れたが、うっかりショック貰って、放って置く訳にもいかないが困った事にサブパレにソルトもスターも入ってないんだよ。マジかよと思いつつサブパレにアイテム登録しなおしてる間にも時間は過ぎていくからな・・・まぁ、食らわねぇのが一番ではあるんだがな・・・

      削除
  2. プライズメダルというのが実装されるそうですが、これって所謂「石」ですよね?
    これもまた吉岡の言う「原点回帰」なのでしょーか?
    いくら素材倉庫が実装されたからってここまで回帰しなくても…

    返信削除
    返信
    1. 吉岡D曰く、「バスターメダル」に変わるもの・・・だが、バスターメダルも広義の意味で言えば旧体制で言う「石」だからな。また「通貨」が増えるって事だ。むしろ週あたりの交換数に制限を設けているって意味では「長期的なログイン」を促す仕組みとしての苦肉の策だろうな。石みたいなアイテムにせずSGみたくアカウントで共有されるポイントとして勘定してくれた方がラクっちゃラクなんだがね。

      削除
  3. 「知らん!」<まさにコレw
    ☆14☆15が出るから回ってるだけで、絶対欲しいってものはないんですよね。

    返信削除
    返信
    1. そうね、強いて言うなら「今より良い物」だな。ハクスラってそういう物だしな。ついでと考えれば割と経験値も入ってるしな。待てよ・・・経験値増の時限の方が良くね?(錯乱

      削除
  4. 時限能力のレアドロってたしかブーストアイテムとは乗算じゃなくて加算ですよね…常時250%やトラブ、デイリーブーストにプレミアブーストと乗っかってるんで15%と言いつつ実質は3%も増えないという。

    返信削除
    返信
    1. うん、原則的には加算関係。乗算で乗るのはライブブーストとPTブーストくらいじゃなかったかな?そういう意味で言えばPSO2の日の100%も実の所大したことないんだよな・・・

      削除
    2. PTブーストの「乗算」は経験値のみな。他は「加算」だ。

      削除