2014年7月28日

PSO2日記 234 EP3 レンジャー考察


考察と銘打ったものの現状では「妄想」の域を出ない記事である事を予めご了承頂きたい。新スキルの有用性や具体的な数字、他職の新スキルが職専用なのか否かでも状況が大きく変わってくる部分なので現時点での考察は時期尚早、取らぬ狸のなんとやらだ。とは言え、「好きなんだ」。この「フタを開けるまで何が出てくるかわからない」って時期に「あーだこーだ」と考えるのが好きなんだ。そういうワケで暇な人は「俺の妄想」にちょっくら付き合って欲しい。正確な情報が出たら出たでその時はまた「最適解」を探ればいい。それも結構好きなんでな。




生放送で公開された「レンジャーの新スキルツリー」。

いつもお世話になっているスキルシミュレーターさんが早速ニューツリーのシミュレーターを公開してくれていた。仕事早いぜ!惚れる!と、俺もうっかりしていたが、この超便利なシミュレーター様へのリンクをサイドバーのリンクに加えておいた。既にバウンサー以外のニューツリーに対応しているので、これ突っついてるだけでも結構楽しいので一回触ってみるといいと思う。

で、レンジャーに関する調整が非常に大きく、ツリーの「様変わり」っぷりで言えば「生まれ変わった」ってレベルだ。「トラップサーチ」は標準装備となり各種トラップもすぐ取れる位置に移動した。各種「特殊バレット」も「ウィーク」と同列上に配置され選択の幅が広がった。「バインド」や「パニック」は上手く使えば「防衛」などでも活躍の場が増えるかもしれない。


おさらい的な今回発表の「調整内容」。ウィークが弱体した物の、ウィークヒットアドバンスが125%から135%と10%のアップ。1と2共々に10%アップなので合計20%と言う事になる。35+35で「弱点撃つだけで70%アップ」とも取れるが、この手のスキルは乗算である為、1.35×1.35で実質1.82倍となる。他のスキル、シャープシューターの20%、スタスナ1&2の15%×2を加えると「弱点部位をスタスナ乗せて撃つ」事で射撃に対して2.89倍と言う高い倍率を得る事になる。

現状で「ファーストヒット」込みで2.98倍、無しだと2.48倍。そう考えるとかなりの「強化」となる。

現状での火力構成であるサブ「ハンター」での倍率が射撃に対して1.93倍。
2.48×1.93で4.786。四捨五入で射撃に4.79倍。これが現状での「ReHu」の射撃倍率。

EP3でハンターの火力ツリーが弱体の煽りを受けサブハンターの射撃に対する倍率が1.61倍に低下した。ニューレンジャーの射撃倍率(ファーストヒット抜き)2.89×1.61で4.69であり、総合的に見れば現状から10%の弱体化と言う事になる。

各種PAの上方修正もあり総合的には「あんまり変わってない」と思われる。主砲のサテライトが弱体されるものの、判定が上からに変更され、ヘッドショットや高所のコアを狙いやすくなると考えると、むしろ強化とも言えるだろう。加えて「乙女が拾える」とメリットが大きい。これまでは「火力に特化」すると乙女には手が伸びなかったが、新ツリーではハンターの火力系を全て拾いながら乙女を10まで取りきれる。

言い換えればたった10%の弱体で乙女が拾えるとも言える。対抗馬としては「ウィークスタンス」の強化されたブレイバーだが1.35×1.1で1.49倍。この時点ではまだハンターの倍率どころかファイターのブレイブスタンスにすら届かないが、「チャージ」を含めると1.63倍となりサブハンターの射撃補正を僅かに上回る。

とは言えレンジャーPAで「チャージ」を必要とする物は多くはない。主力の「サテライト」がチャージ系かつ、仕様変更で判定が「上から」に変更されヘッドショットが容易となるので相性が良いようにも見えるが、倍率だけで見れば4.71倍でしかなくサブハンターと比較して僅かに2%。この2%の為に他のPAが10%落ち込むのは考え物だ。

ここまでは確定済みの情報からの「考察」だが、ここから先は「予想」「妄想」である点に注意。

現状の情報内での考察では「サブはハンターのままで良くね?」って事になる。弱体こそするものの他の対抗馬に勝算が無いのでは「仕方がない」。

対抗馬としては現状「不確定」な要素を含んだダークホースが「ファイター」と「バウンサー」。ファイターの基本スタンスでもある「ブレイブ」も強化され複合で1.5倍の補正を得られるがハンターの1.61倍には届かない。しかし新スキルの詳細が不明である以上「ワンチャン」あるのも事実だ。

「コンボ」で20%程度でも乗ればハンターを「捲る」事になる。PAからPAへJAする手間を考えると少し面倒だが「最大火力を出す為に」サブにハンターを付けている人からすれば「妥協できない現実」とも成り得る部分だ。

また「属性を合わせる」という至極面倒な条件付きではあるが、バウンサーの「エレメントスタンス」も前提条件が厳しい分、高い倍率を確保する可能性も浮上してくる一方で・・・ブーツ装備のバウンサーからすれば「緩すぎる」敷居でもあり、大した倍率ではない・・・とも考えられる。


「確定情報」待ちとなるが、レンジャーのサブは依然として「ハンター」が本命、対抗馬として「ファイター」と「バウンサー」と言う形か。例外的な運用としては「ブレイバー」を付けて「弓」を使う構成。純粋な射撃倍率では劣る物の「ラピッドシュート」使用時の「弓限定での射撃力」では「シャープシューターの20%分」を持って、本職のブレイバーを上回る事になる。前提条件として「レンジャーで持てる強い弓」の確保が必須ではあるが・・・

日記


イエーイ!ライブ超盛り上がりだぜー!って居ねえ!「俺だけ」ライブ始まってないよ!スカイプ越しに歌聞こえてきてるのに俺の画面にゃ誰もいねえしログに歌詞も出てねぇよ!大型モニターも真っ暗だし!これでバフ貰えなきゃ不具合報告しねえと!と、思っていたらバフだけは「ぺしっ」と飛んできた。


あと時折だが「異常に重い」。ロビーに降りたら泥人形の群れ。クエストカウンターのNPCすら居ない。メニューのフレンドリストも反応なし。特にDFの複数回しなどログイン、ログアウトが多発するタイミングで多い気がする。そんなこんなで昨夜のルーサー、3回目に乗り遅れた。


この状況に陥ると復旧?まで2~3分はロビーの移動もできない。再起動した方が早いかもしれない。以前の記事のコメント欄でもお話したが、「楽しい楽しいアップデート」以前にサーバーの正常運転を再優先で行って貰いたいのも本音だ。正規ユーザーの頻繁な出入りで負荷がかかって重くなるってんなら、もうそれは仕様の問題。DF関係は時間内なら1キャラで何度でも行けるように仕様変更すべきではなかろうか?

3 件のコメント:

  1. サブファイターは
    ・アドレナリンによるシフタストライクの長期維持
    ・特殊弾やツールを絡めたチェイスアドバンスプラス
    ・WBからのPAラッシュにPPスレイヤー(上方予定)
    あたりに活路を見出して欲しいのではないでしょうか

    サブバウンサーは・・・部位破壊のスペシャリスト?現時点ではなんとも言いがたいっすね

    返信削除
  2. 最近はピークタイムじゃない夜中や過疎ブロックでも殺人的なラグですね
    改善には手間やかかる費用等色々クリアしないといけない問題もあるのでしょうけど
    せめてダンマリを決め込まずにいつ直すのか改善の見通しくらいは告知して欲しいものです。

    私的にはアプデを延期してでも優先して欲しい・・・

    返信削除
  3. >上の匿名さん
    後はレンジャーツリーのスッキリ具合からも罠とタクティクストラップの併用でPP回収も容易になるよね。考えようによっちゃバレットキープ要らないかもしれないね。

    >下の匿名さん
    昨夜というか昨日はもう「プレイを断念」するレベルのラグで話にならなかった。俺のPCがヤバイのかと再起動も試みたがフレも「糞重い」って言ってたし「魔の火曜日」って事で話がついた。まぁ憶測でしか無いが「境界」とか終わって同じマップにまた入ると前回の「拾い残し」のアイテムがそのまま落ちてたりもするんだが、そういうのも負荷の要因に成り得るならミッション終了で受け直した際に即消しちゃってもいいと思うのよね。

    返信削除