2013年6月12日

PSO2日記040 さてさてどうなる。


イベントになんとか間に合った。シアンさんがカンストして久しぶりに神奈さんの出番。明確な目的をもってハンタークラスのレベリングだ。ハンターは旧カンスト40時代より放置であったが、フランカやクレシダを流しこんでなんとか42に上げた。そこに経験値50%アップのブースト日+75%を使用しての雨風入り口結晶バーストに巡り会えたのが大きかった。緊急一回で3レベル上がったので、ハンター45の5Pオーダーをサクっと終わらせた。




45を超えたという事でいつものメンバーに寄生する形でアドバンス方面。自分たちのクローンにやたら頻繁に襲われてスフィアがとても美味しい。しかしながらレベル補正バリバリで得られる経験値は75%アップを用いても微々たる量。一周年イベントの敵レベルは雑魚50ボス55という話なのでそっちに期待したい所だ。

コラム「武器選びの話」

先に結論を述べると「好きな武器使え」って事になるが、今回はあえて「効率」に関するお話。強い武器の高属性があれば色々と効率がいいのは当たり前であり、言われなくてもわかってるよ!な部分でもある。そこで今回はコストパフォーマンス。費用効率の面での主観的なおすすめ武器をカテゴリー別に上げて行きたい。

ソード

・カグダチ
・ルインミラーシ

ソードの区分ではやはり「輝石交換」の2品が非常に優秀。特にカグダチは材料が★9で直接購入が可能かつ、今回の雨風やエクストリームでの出土も手伝い以前に比べて非常にコストパフォーマンスが良くなった。比較的「マシ」な潜在が付いている所もポイントだろう。新規追加のルイン上位品もスペックとお手軽さは抜きん出ている部類だが、素材が★10という事もあり、チケットを用いる点を考慮するとコスト面より手間が少しばかり上乗せされるか。ここに撃鉄持ちのラムダアーディロウを加えてもいいが、コスト的には少し厳しいか。一周年イベントあたりでボロボロ出てくれれば一気に株を上げてくる可能性は高い。

パルチザン

・ラムダライゼノーク
・オルドデバイス
・リーガルランサー

ラムダライゼのコスパが非常に優秀で安価に50%にできるのは魅力。かつ撃鉄持ちなので潜在3を含めると下位の★10では太刀打ち出来ない性能を誇る。そして交換品のオルドデバイスも素材が比較的安価で輝石さえ集めてしまえばかなりの高水準パルチがチケット無しで入手できるのは大きい。手間と費用は少し大きくなるが、比較的安価なリーガルランサーも束ねやすい上に、上記2品とは異なり、不要になれば売り捌けるというのは大きなセールスポイントとなり得る。PAを限定するのであればインペリアルピックも比較的入手しやすい部類だろう。

ワイヤードランス

・ギガススピナー
・ロッソヴァルガー

正直これといったオススメが見当たらないカテゴリーの一つ。ギガスは遺跡アドバンスの影響で高属性品が安価に買い求められたり、強化済みの物が投げ売り状態であったりと手間もコストも低く抑えられる上に、スペックはロッソと大差ない。そして特定PAに関しては潜在で大きく底上げできる点が魅力。スペック的には上位にあたるロッソだが、交換素材が★10である点が少しばかりネックになっている。そしてロッソから上の性能を持つワイヤーが尽く「伝説級」でありレアボスドロップ品が大半である点からも現実味を欠く存在となっている。

ガンスラッシュ

・ルージュコフィン
・ラムダジャレイド

凍土の輝石交換品のルージュコフィンが抜きん出て優秀。装備条件が技量410と少々厳しい部類ではあるが、スペック的にはかなりの上位に位置している。素材が少々高くつくが、それもまた人気の現れであろう。近接職であれば撃鉄持ちのラムジャレが非常に優秀。これも値段が大きく変動しやすい武器でDFの直後あたりが狙い目となる。現状の「立ち回り」上、ガンスラは良い物を選びたい所か。

ツインダガー

・ラムダレグザガ
・クラベルニクス
・ラーヴァシーカー

安価な撃鉄持ちがここでも優秀。交換品2点も材料が安価で作りやすい。スペックではスギ花粉ことクラベルニクスが一歩前に出るが、ラーヴァは潜在が憤怒である点も考慮すると額面以上に強力だ。ただクラベルニクスの原材料がタダ同然というお手軽感は半端ないもので輝石さえあればスクに作れる。むしろキューブ交換用と割り切って交換している人も多いだろう。PAを限定するがスパイクスラッガーも潜在ありきで安価かつ、かなり強力である。

ナックル

・ラムダバイディガー
・オーラヴァコア
・ルベウスラシオン

Tダガーとほぼ同様に撃鉄持ち&輝石交換品が優秀。移動手段として用いる場合はエイトオンスを一つ所持しておくと便利だ。(サブファイター)

ダブルセイバー

・ラムダフェイルノート
・ストレイトブローヴァ

他の撃鉄シリーズに比較するとまだ少し高いラムダフェイルノートだが、ノイズを集める手間に比較すればまだ現実的であろうか?とはいえ安くはないのでノイズを数本集めてしまえばスペック的には上位に位置する。潜在はファイガンナー専用なので考慮する必要もそうそう無いだろう。フォシルの上位も魅力的ではあるが材料が少々高いか。コストパフォーマンスという意味では蒼黒のニョイボウなどは潜在を開放すれば長期的な視点で「利益」に転ずる可能性も秘めている。

アサルトライフル

・ラムダティグリドル
・ディブルニゲル
・フォイアレイン

安価かつ撃鉄持ちのラムダティグがコスト的には非常に優秀。ディブルニゲルも素材が現在値下がり中で以前に比べてお手頃感が増してきた。潜在も憤怒なので主流のサブハンターとも相性がいい。カニライフルの交換品もスペック的には悪くなく、潜在が未設定なのも期待が持てる部分。予算とチケットに余裕があるならアヴェやシグノに手を伸ばしてもいいかもしれない。

ランチャー

・キャノンレガシー
・ラムダセントキルダ

安価かつそこそこのスペック、有用な潜在と三拍子揃ったキャノンレガシーが同スペック帯のランチャーを食い散らかしている状態。潜在を考慮しない場合は同スペック帯のSSPNも安価で入手しやすく、ヴァーダーカノンなども防具セットを考慮するとそれなりに有用。またDF産のハズレ武器のイメージも色濃い「せんとくん」ことラムダセントキルダも価格を考慮すると十分なスペックであり、現在の所潜在が未設定のダークホースだ。

ツインマシンガン

・ラムダラディエグル
・スルクライ
・フリートマリンカ

撃鉄&交換品。現在イシュライの出土も多くスルクライの入所は格段に楽になった。ヴァーユを抱え込んでいる人も多いだろうし、一周年イベントでツインの迷彩が手に入るともあり色々と追い風であろうか。雨風の影響でヤスミも比較的安価になったがまだまだ高値である。潜在は非常に優秀で、火力と価格の兼ね合いを見れば一押しではあるが、一周年の動向を見るとなると中々決断しにくい価格ではある。

ロッド

・エルダーロッド
・セイテンヘイセ
・ルビアシェント
・アマテラス

コスパではエルダーロッドが非常に優秀。強化済みが捨て値で売られているのでチケットさえあれば即戦力なのが最大の魅力である。また材料が安価になった上に、有用な潜在をもつヘイセもオススメの一本。同様にルビアも安価かつ強力だが交換品は販売不可な点を考慮すると、強化費用は別途と言うことになる。属性値を考慮する必要がないので少々背伸びして高価なロッドに手を出すのも悪くはない。アマテラスの底値を見極めるのも賢い買い方かもしれない。

タリス

・マイセン
・マフ
・ダガッシュタリス

マイセン&マフは上記エルダーと同様に、乗り換えた人が強化済みの品を安価に販売しているケースが多く、チケット一枚で即戦力となる。仮に自力で引いたとしても一旦チケットにして強化済みを買い戻す方が安くあがる可能性すら存在する。少々高く付くが、ダガッシュタリスは価格の割には非常に強力なスペックで「640族にソレ入れるか?」と運営の判断を疑問視する声も多い。価格と性能を天秤にかけるならイチオシは「お魚タリス」である。

ウォンド
・ラムダクレスティガー
・コムロトール
・レミルネリア

用途によってベストな選択肢が違ってくるが、サブファイターで殴りを考慮すると属性50%が前提となるので安価な撃鉄持ち、また交換品が上位に入る。テクを使う目的であれば、上記お魚タリスやアンブラロッドなども選択肢に入ってくる。殴りテクターに傾倒し過ぎると法撃力不足で上記選択肢が尽く視野の外にも行きかねない。その場合はバリドランウォンドしか選択肢が無いわけだが、現状では束ねるに適した価格とは言えない。

0 件のコメント:

コメントを投稿