2015年11月29日

PSO2日記 440 Netflixの可能性


「es」のレベリングも兼ねて色々なキャラでデイリーオーダー程度は回すように努力している。特にここ最近では晴れて「変態枠」に正式加入した「ソードマン」も楽しい。もちろん、マッシブと乙女は捨てた。テクニカルにゴリ押す為に「パリング」の練習中。


えー、PSO2日記の他に当ブログでは有料動画配信サイト「NETFLIX」関連の作品レビュー記事も定期的に掲載しているのだが、別に「反応が薄くて寂しいからコッチに無理やりねじ込んできた」ってワケじゃないぞ!アレは趣味で書いている物だから「自己満足で」で完結しているんだからね!今回はちゃんとPSO2にも微妙に関係がある「NETFLIX」関連の話題だから大丈夫だよ!実際の所はプレイに夢中でSS撮り忘れていただけだ!

・おぼえがき 更新「ウォーズマン理論

今回のメインのネタは上記「おぼえがき」の更新だと思って頂いても構わない。独断と偏見かつ皮肉に満ちた内容ではあるが、ネタとして楽しんで貰えれば構わない。その副産物として「NETFLIX」の可能性を探ってみる。


こちらはニコニコ動画を日常的に視聴しているPSO2ユーザーのみならず、多くの層に対して一気に知名度の増した映画「フルメタルジャケット」の「ハートマン軍曹」だ。最早「1つのジャンル」として定着しているMAD作品群における「嘘字幕シリーズ」でも有名な名物キャラクターだ。


そして最早説明不要の「総統閣下がお怒りです」シリーズ。元々言語が「ドイツ語」であり、馴染みの薄い部分も相まって「嘘字幕」シリーズの中でも特に人気と汎用性が高い。

「原作」であるヒトラー最後の12日間はハリウッド映画が持て囃される日本国内ではマイナーな部類の映画でもあり特に有名な作品では無かったが、上で述べたように基本言語が「ドイツ語」という事もあり、「嘘字幕」シリーズとしては英語圏全般でもネタに使われる事も多く、YouTubeを中心に圧倒的な人気を誇る「一流のMAD素材」としての地位を築き上げた。

本作の監督も「この現象」に対して好意的であるというのもポイントが高い。


最近「新作」が投稿される機会も減っているが、日本国内での「嘘字幕シリーズ」の先駆けとなった「プライベート・ライアン」も素材としては優れている。「モンハン・ライアン」や「PSUライアン」など、丁度自分が動画を作り始めた頃に流行っていた素材だ。

奇しくも「ノルマンディー上陸作戦」を背景にした作品であり、史実ではドイツが敗れるのだが、戦後70を経てこの分野ではドイツが圧倒的に優勢な状況となっている。

「嘘字幕シリーズ」として有名な3作品を紹介したが、全て「NETFLIX」で視聴可能かつ、言語の切り替え、字幕のオフに対応している上に、「NETFLIX」の動画を保存するツールやサイトも出回っており、「MAD作家」にとっては「宝の山」かもしれない。

「嘘字幕MAD」は制作が非常に容易でネタさえ浮かべば即作成して数分で編集が完了するというお手軽さもあり、現代を代表する「風刺」としての役割も大きい。「動画作ってみたい」とお考えの方は、まず「これ系」から手を付けて「編集」の基本である、カットとテキスト挿入から始めてみるのも良いだろう。

溢れかえる「糞映画」の中から良質な「素材」を発掘できれば、新たなブームの先駆者となれる可能性も秘めている。

PSU時代であれば「セガール」主演映画で「ダルガン総裁がお怒りです」シリーズも有りえたかもしれないな・・・

そういう意味でも土日は主にPSO2で単調な金策作業をしながら横で糞映画を「違った視点」で視聴している俺でした。

4 件のコメント:

  1. 一週間程前にこのブログを見つけて、ブクマ登録しました。
    内容も濃いのに更新頻度も高く、素直に凄いと思います。

    今日の記事でおしながきの追加があったわけですが『アフロのおぼえがき』、
    あれ記事にリンクしてたんですね。ただの画像かと思ってました。
    ラベルの一覧におしながきの項がないもので、若干気付きにくいような…?

    それで、おしながきの過去の記事もチラチラ読んでいたんですが、
    特に目に留まったの技量補正の記事。

    OP付けの時なんかもないがしろにされている(であろう)技量ですが、
    星13実装から武器の攻撃力が大きく上がったじゃないですか。
    武器の攻撃力が上がれば当然適用される技量の値も増えるわけで、
    今後星14、15武器の事を考えると技量マグがメジャーになっても
    不思議じゃないんじゃないかと思ってます。

    つまり、今のうちにフラグメント法撃を…
    ってそこまで上がらないかなぁ

    返信削除
    返信
    1. どうぞコンゴトモヨロシク。

      確かに仰る通りだな。画像の下に文字リンクも加えておくよ。そしてご明察、武器攻撃力を最大限に発揮するには余剰技量として武器攻撃力の20%程盛るのが理想だが、現状だとオフスの弓で攻撃力が1700くらいなのよね。そうなると2割で340。とは言え、攻撃力の高い武器はその分補正も高い。「今のところは」居ないけど、超絶技量の高いボスとか出てくると、技量盛りやクリティカル特化が光るかもしれないな。

      マグに関してはスフィアを温存しておいた方がいいな。サモナー需要でマグ高速育成するならフードデバイス使うのが手っ取り早い。EP4&PS4の実装で新規も増えれば需要も増しそうな雰囲気ではあるね。

      削除
  2. ウォーズマン理論、記事にまとめて頂いて興味深かったです。しかし、数字データになるとよけいにむむむとなってしまいましたw
    これバランス調整無理と言って投げないでもう少しらしさを追求して欲しいですよね。

    前衛だけ拾ってきても

    サブHu:乙女・マッシブ・ウォークライによる生存性重視の能力と広範囲のHu武器・PAの使用可。
    サブFi:条件をつければつけるほど攻撃力が上がって行く攻撃特化で、それは近接だけに限らない。空中機動を助け・防御性の高いツインダガーが使用できる。
    サブBr:メイト早飲みやジャストリバーサルによる生存性、機動性の高いカタナと一撃の威力を高める弓を使用可。
    サブBo:PP回復・クリティカル・クラフトなど他のクラスが影響を持てない箇所を埋めつつBo用の武器が使用可になることで、火力・空中機動力も補える。

    これだけ特性がうまく散ってるのに、サブHuのウォーズマン的強度(倍率)がすべて台無しにしているわけです。
    荒れようが何しようがサブHuは攻撃力を代償という形に変化しておくべきだと思うんですがねえ。

    Guはその点「火力のサブRa」「防御のサブHu」「状態異常と合わせると強いサブFi」「PPお化け&テク使用のサブBo(サブTe)」とサブで様子が変われるのがいいバランスと思いましたが、それメインクラスの倍率がウォーズマン的弱者だからじゃないかという点に気付いて絶望しました。

    メインでそこそこ+サブHuでダメージ倍率及び生存性上乗せドン!が安定じゃない時点でメインが弱いってことなんですよねー。

    でもPSO初期から消えない「攻撃力こそ正義」っていうのはわかりやすいので、それもアリかなと思う部分もありますね。
    他のネトゲだと攻撃力を高めるために防御捨てるから死なないようにヘイトの様子見て…とか、仕込んだ上のひゃっほいであり、それもいいんですけど、何も考えずに凝りまくったマイキャラで多勢を相手に無双するのもまた楽しいかな、と。
    どっちが良い悪いではない話ではないですけど、できれば自由度もあってもっと好きなスタイルで無双もできるとより楽しくなると思うので、うまいことやって欲しいですよね。

    返信削除
    返信
    1. 特に元々複合クラスのテクター、ブレイバー、バウンサーは乗算倍率凄い控えめなのよね。バウンサー×ブレイバーとか2職合わせてもハンター単品の打撃倍率に届かない。ウィークスタンスを用いればハンター単品よりはマシになるけど、バウンサー側もスタンス上の制約が厳しい。「守りのハンター」「攻めのファイター」って図式で行くならハンターのJA関連スキルは他に譲ってやるべきだったかもしれないな。もしくはステップアドバンスみたいに重複無しで各クラスに付けておくか・・・

      あと完全に死んでる構成の救済考えるなら「サブ専用」のスキルでも付けてやらないと無理かもしれない。もしくは「構成別」に何らかのボーナスを付けるとかな。鉄板構成には微妙な感じのHPアップみたいなので、救いようのない構成に「ちょっとばかし」色を付けてくれればな。もちろん専門職に勝っちゃいけないけど、選択肢として考慮に入るくらいの調整は・・・無理だろうな。

      削除