2013年10月4日

PSO2日記088 どう準備するか


スーパーハード実装前の最後の一週間、今できる準備は何だろうか?やはりレベルアップだ。現状でカンストに到達している場合はキューブ獲得寸前くらいまで経験値を貯めこんでおくのもアリだろう。そして金策と倉庫整理も大切な準備の1つだろう。このゲームもサービス開始から1年以上が経過し、希少という理由で値上がっていた「季節もの」の限定商品にも再販、再配布の波が迫っている。マイルームに放置されているグッズが結構なお値段になっているかも?とりあえずそういった「お宝」の備蓄がもう無いので運営の後押しに従ってブーストの乗っているマップにお宝探しに行くも本日は空振り。期待値の高そうな奴は出てきたが特に何もくれず…




日付が変わったら海へ。採掘場跡と海岸は毎日の散歩コースなので好都合だ。ロドスとオルグで悩んだが、海岸緊急で「あれだけ」降ってきた海ゴリが何も出さないという華麗な実績を残しているだけにお宝に幅のあるロドスへ。数周で眠くなってしまったがレア種には会えず。

・今後の経済を考える

実際問題「蓋が開かねば分からない」部分が多いのだが、これまでの傾向から今後の対策について考えてみる。

・フォトンスフィア 
最も「特需」が期待される商材の1つ。主な使い道は交換による経験値+75%。すでに最後の追い込み需要か転売用の買い込みか、値動きは緩慢でありながらも上昇気味。先日の強化成功率+5%も後押しとなったようだ。今後はキャップ開放による需要の増加、新たな潜在の実装や武器そのものの増加も公言されており需要は増すばかりとなるだろう。現状で7~8万の間をフラフラしているが、コレが10万を大きく超えるような価格になってくると、現状1050で売られているフォトンドロップの価値も次第に向上する。最低販売価格が1050である以上、スフィアの価格が103950(税込み)まで上昇して初めて「ドロップ」が商材として機能するワケだ。スフィアはほぼ確実と思われる商材だがドロップは少々バクチか。

・現状で高価な武器
俗にいう「伝説級」の武器防具。基本的に装備品の多くが実装から日数が経過する程その価値を失う物だが伝説級の武器とて例外ではない。特に「大きな節目」には弱い。とは言えレベルキャップの開放はたかだか5。現状の650族付近の装備が一夜にして価値を失うような事も無いだろう。商材として見る場合は早く売った方がいいだろうが、愛用の実用品として捉えるなら、まだ暫くは現役で綱をはってくれるだろう。

・服とかグッズ
今年2月のスクラッチ「リリーパワンダーキャラバン」で実装された女性用のツナギ服「オールブリンク」系統の服は時既に遅し。次のスクラッチでの再販が決定してしまっているので最早手遅れだろう。愛用している分には問題ないが、値上がりを待っていた場合は売るタイミングを逃した形となる。「まだ1年たってねえし!」とか思っていたら思いのほか早いタイミングでの再販だ。逆に時期を外せない商品としては恐らく10月中旬に来るであろう「ハロウィン関連」のスクラッチ。人気のあった「ワンダートリート」あたりの再販が予想される。

・装備OP
もっとも扱いに困るのがコレ。現状では先日の強化系ブーストの煽りで素材系の価格が高騰しているが、理由はそれだけではない。バーストに死の調整が入りアドバンスの人気が低迷。現状でステⅢ多スロが掘れる貴重な狩場に人が少ない。供給の低下も価格に響いている事だろう。今後もアドバンスやバーストに調整が無ければステⅢ方面の素材が高騰し、ステⅠの多スロも上に引かれるように値上がりする恐れがある。しかし、スーパーハードの敵レベルは61~とアドバンスを上回る。区分がどうなっているのかは蓋をあけるまで分からないが、56以上の敵がステⅢ系統を落とすという区分けであれば、スーパーハード全域で気軽にステⅢ掘りが可能となる。こうなると暴落にも近い変動を見せるが、「アドバンス固有」のOPって事になるとさらなる高騰を招く事になる。このアタリは非常に予想が難しい部分だ。

・マイザーソール
現状では非常に高価なソール素材であるマイザーだが、10/9配信の「新緊急」でバカスカ降ってくる可能性を秘めているだけに恐ろしい。しかもこの新緊急は「期間限定」ではない。内容は定かではないが、比較的ショートな内容で時間内に沢山プレイして下さい。的な事を生放送で聞いた。ササっと回せる系の緊急でマイザーが固定で現れるというのであればソールの出土も飛躍的に増えると思われる。自分に出なくとも誰かに出ていれば結果的に相場を下げる事になる。そして「ソール」が狙いとなれば難易度は問わず。低レベル帯での金策としてもマイザーと気軽に戦えるミッションはゲーム全体にちょっとした「波」を起こすかもしれない。

・アメン系
現状ではダダ下がり中のアメン系武器。特に槍とダブセは有用な武器であるが、ブーストイベントが頻発したせいで出土が多く、値下がりに歯止めが効かない状態となっている。今まさに日替わりで採掘場跡にレア&レアドロアップが来ているのもあり、まだまだ下がるだろう。しかしスーパーハード実装後となると話は変わってくる。ハンターにとっての最強ダブセとファイターにとっての最強パルチである以上、需要が衰える事はないが、供給は確実に衰える。じわじわと値を戻してくると予想されるが、これらの武器を上回る「全職用」がスーパーハードで実装されないという保証はない。特に恐ろしいのが「ラムダ系」の上位が出てきた時だ。シグマやらオメガやら色を変えただけの上位武器が出てきたら、一気に食われるポジションである事には変わりがない。とは言え技量系の多クラス装備可能武器で潜在も未実装だけにワンチャンあるかもしれない。買うなら底値を見極めて。売るなら最安値で売り抜くか、「待ち」だろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿