2013年3月23日

PSO2日記020 ゾンデの下方修正


ゾンデの下方修正が発表されたが、まぁ強すぎるってのは間違いない。で、なぜこんな事になってしまったのかをザックリ紹介してみる。

上記の図のように「現在の仕様」が本来のゾンデの性能。落雷に加え、着弾位置からの範囲攻撃を誘発する。そして「高所からのゾンデ」に対してはゾンデ特有の「高所ボーナス」が付与される。視認こそできないものの小規模なラフォイエのような感じで「球形」の当たり判定を着弾位置より発生させている。1/23のメンテ以前は不具合によりゾンデ本体のダメージが消失しており、落雷後の拡散部分のみが発生していた。落雷地点の地面からドーム状の当たり判定を形成していたワケでこれが高所の敵に当たらない原因であった。とりあえず拡散ダメージのみでは使い物にならないという事でゾンデの威力そのものを高めに設定する事で対応していたワケだ。これが1/23のアップデートで本来の判定を得た結果、単純に威力が1.4倍、ジャンプゾンデで1.5倍の威力が出るようになった。本来であれば1月の時点で上の表で言う「通常ダメージ」を100に訂正しておくべきだったという事になる。威力は従来通りだが当てやすくなった。というのが正しい姿であるが、この日を境に火力が1.5倍になっていた為、問題を大きくしてしまったという形だ。




明らかな対応ミスであり、そのまま2ヶ月が経過したこともあり、現在は雷ツリーがフォースの主流とも言える状況に陥っている。「本来の性能」への修正ではあるが、結果としては「下方修正」にあたり、このお詫びとしてスキルリセットの配布が予定されている。

・雷ツリーの終焉?
この修正によって雷ツリーは終焉を迎えるかと言うとそんな事もない。現状は低燃費に高火力と鬼に金棒とも言えるスペックだが、ここから「高火力」の部分が影を潜めても従来の「低燃費」という部分は残る。そういう意味では高燃費高火力の火ツリーと低燃費安定型の雷ツリーという住み分けも可能となる。

一方で救済が待たれているのが氷ツリーである。フォトンフレアの効果時間とクールタイムの兼ね合いは近接のスタンス同様でもいいかもしれない。フリーズイグニッションももう少し実用可能なクルールタイムと射程距離を与えて欲しいと思う。


チーム員とアドクエ巡り。もう赤箱出ても鑑定するまでは常にハズレの気配が漂う感じだが、たまにはアタリも混ざってる。漆黒のニョイボウ拾ってた。予算の都合で+8が精一杯です!小銭貯めて保護買ってワンモア地獄が始まる気配。正直こんな事にメセタ使ってる場合じゃない。売れる★10は売って防具をなんとかしたい気持ちの方が遥かに強い。とりあえずファイター用の★10武器が不足していたのは事実なので素直に喜んでおこう。アフロはファイターがカンスト次第テクターに戻るので実質ウチのファイター武器は神奈さん行き。そういう意味ではニョイボウ売ってノイズでも買った方が良かったかもしれない。(見た目的なイメージで)

3 件のコメント:

  1. ゾンデの威力が高過ぎて、テクも使い分けの必要が殆どありませんでしたからね・・・ゾンディール連打の威力は不具合じゃないんですね!やったー!

    それにしても、今回の運営のゾンデに関する文章はひどいですね。
    まぁ、ゲームは好きなので続けますが(

    返信削除
  2. テクニックキャラがDFの時しか使わないから運営がうんたら言うまでゾンデの不具合気がつかなかったw

    漆黒の如意棒ですか!おめです!!
    うちはラムアリとかラムペリとかラムダジャグリアスとか今更感しかしない物しか出ません\(^o^)/

    返信削除
  3. >のえりぃ
    だねえ。なんかこう言い訳臭い感じが節々から溢れ出てる。でも結局のところ、「不具合の穴埋めに威力を高くしていたのをすっかり忘れていました」って事だよね。

    >kanata
    丸2ヶ月経過してるから仕様だと思っていたわ。いつぞやのラだかギだかのメギドが異様に強くなった不具合はスグ直したのにね。

    返信削除