2013年3月13日

PSO2日記017 自キャラクラス別評価


今回は自キャラのクラス編成、スキル構成を多角的に分析(大げさ)し、今後の改善点や各クラスの総合的な能力を考察する。




ストーキー キャスト テクター×ファイター 打撃攻撃タイプ

・ネックは単体火力の低さ。テクターでありながら防具オプションはパワⅢヴォルソの近接仕様。キャストと言うこともあり、テク攻撃を捨て打撃に活路を見出したハズだったが、全クラス用のファイター武器に恵まれず、まともな近接打撃の手段がウォンドとガンスラ、朧くらいしかない。ファイタースタンスを発動し、テクニックで異常を付与し、チェイスを乗せた上、自己シフタによる攻撃力の上乗せ、そして弱点部位を殴る…と、結構面倒な前提をクリアしてやっとソコソコな火力を出せる。

サブパレットもごちゃごちゃしており、頻繁に切れるテリトリーバーストの維持など操作難度が高いというよりは単純に忙しい。テリバ+ゾンディールによるザコの集め殴りの為、集団戦は比較的ラク。複合職であれば高くなるであろう汎用性が低いのはテク威力が乏しく実用外。補助が使える劣化ファイター状態で、素直に防具OPを法撃寄りにして打撃と法撃のバランスを取った方が良いだろう。そこそこの防御力と自己レスタ、法撃武器のミラージュエスケープなど生存能力はそこそこ。

気の利いた全職用のファイター武器が実装されればもう少しマシになるかもしれない。この編成でキャラを作成する際には「法撃」を主体に考えた方が良いだろう。組み合わせ的には悪くなく、テクター運用の一つの解とも言われている。ただ育て方を誤っただけである。


神奈 ヒューマン ファイター×ガンナー 打撃&射撃バランスタイプ

・単体攻撃力は申し分ないのだが、職の組み合わせ的にも集団戦は苦手。現状ダブセで暴れまわるかアディションバレットに頼る局面が多い。ストミ外伝のようなミッションで敵がバラバラに逃げると少々厳しい。火力優先のラグネ防具で基本的に紙装甲なので生存能力はプレイヤースキルに大きく依存する。近接と射撃のバランスを重視した為に、やはり少し火力に不安が残るが汎用性という部分では非常に便利な構成。ガンナーのツリーは左を集中的に取得。アタックPPリストレイトが手数の多いファイターとも相性がいい。少々人任せになるが、チェインを入れた後に誰かがウィークを貼ってくれればダッキングブロウで軽く10万超えのダメージを叩き出せる。緊急ヴァーダーのコアが楽しくなってくる編成だ。

今後全職用のもうすこし強いTマシンガンが実装されれば更に使い勝手が良くなるだろう。特別ラクな相手もいないが、特別苦手な敵もまたいない。スト2で言うとリュウのような感じ。



キティー ヒューマン ハンター×ファイター 打撃防御特化タイプ

・打撃防御に特化していかにも生存能力が高そうに思えるが、打撃以外の攻撃でコロコロ死ぬ。よくよく考えれば打撃防御一点に尖ってみた所で、射撃と法撃に弱いとなれば穴の方が多い。生存能力を高めたければ素直にHPを増やして乙女に頼ろう。もちろん「当たらなければどうという事はない」ので避ける技術も磨いておかねばならない。一方で打撃主体のボスには強い。強いというより「ラク」なのだ。何も考えずにオーバーエンドを連打していれば敵は死ぬ。常にガードスタンスを使用し防御に尖ってしまったので一般的な近接職に比較すれば当然火力は細い。あくまで「どこまで固くなれるのか?」的な試験運用ソードマンなので真似はしないほうがいい。


イエス・キリスト ヒューマン ガンナー×レンジャー 典型的なテンプレガンナー

・射撃職2職の特化編成。ウィークを軸にスタスナ込みのエルダーを肩越し視点で弱点に間髪無く打ち込むスタイルでボス殲滅用火力特化。集団相手の殲滅力に劣るが、それを補って余りある単体火力は特に苦手なボスがいないという高い汎用性を持つ。多少の慣れは必要だがTマシンガンもしっかり肩越し視点で弱点を狙えるようになりたい所。適当にロックしてパンパン撃つだけであればファイターのスタンスと組み合わせた方が総合火力は向上するだろう。やはりウィークバレットの存在が偉大であり、戦闘時間の短縮はそのままリスクの軽減にも繋がる。こいつも基本的に火力特化の紙装甲。予算の都合でスタミナブーストも付けられなかったのでうっかり大きいの貰うとすぐに死ぬ。


シアン ヒューマン ハンター×ファイター 火力特化汎用タイプ

・こちらは典型的なテンプレ近接。ヒューリーを常時使用し、可能な限り火力を優先している。ハンター、ファイターに存在する全てのギアを取得し、状況に応じた武器を使用することで汎用性も比較的高い。必然的に紙装甲なので慎重に立ち回らないとコロリと死ぬ。乙女でも取ればちっとはマシなのだろうが、スタンスこそ火力特化であるが、「余り物担当」という大事な仕事もある。近接武器ならなんでも来い。って事で大事に育てていこうと思う。近接としては比較的多いタイプの構成だろうとは思うが、やはり主流はソード乙女方面だろうか。今後、敵の火力が増大するにつれ、ますます慎重な立ち回りが要求される。いっそのことDF防具を装備してさらなる火力を得ようかなどとも画策しているが、さすがに厳しいか。


純一 ニューマン フォース×テクター 火ツリー特化フォース

・フォース育成としては人気を雷と二分するであろう「火ツリー特化」のフォース。チャージ時間の短縮に加え、テクタースキルのPPコンバートによるテクニック連打による瞬間火力はかなり高い。またエレメントウィークヒットによる得意分野の上乗せも大きい。入手が容易な装備でも高い火力が発揮できるという意味ではフォースはオススメのクラスだ。反面HPや防御力ではかなりのハンデを背負う事になるが、優秀な回避モーションの為に生存能力は高い。ただ、アドバンスミッションなど敵火力が高いシーンではコンバート使用中は「何を食らっても死ねる」状況になりやすいので細心の注意を払いたい。マグも法特化でPBもPP回復の手段として考える。コンバートのクール中かつPBも使用できない状況でPPを切らすと一気に火力が低下する。ガンスラの射撃やタリスなど、安全にPPを回復させる手段を用意しておきたい。金策のオーダー品集めやチームオーダー、アドバンス方面での火力担当など、ウチで最も出番の多いキャラであり、事実上のメインキャラと化している。前回となんか違う人に見えるが気にしてはいけない。


2 件のコメント:

  1. 純一さんの風貌…いったい何が…

    返信削除
    返信
    1. 黒猫アリス2013年3月19日 15:57

      それ私も思った……純くんあんなに可愛かったのに…奥さんに怒られたのかな……?

      削除